人気ブログランキング |

男おいどんが、鹿児島の"まち"づくりや日々の出来事を書いています


by sumikazu-kago
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

天文館アーケードに考えもす。 その1

男おいどん でごわす。

きょうは、かごんまの街 最大の繁華街である

 『 天文館 』  を考えもす。
c0051873_15332685.jpg

(写真は3月末に新しくなったアーケード!”The天文館”)

これまで、新幹線開業(04年3月)と駅ビル アミュプラザ鹿児島オープン(04年9月)
で、鹿児島中央駅周辺のもりあがりは、とりあげもした。

これに対抗する天文館の切り札が、
この新アーケードの建設だったのでごわす。
屋根がいっそう高く、光をあかるく通す、
すてきな商店街に生まれ変わりました。

さて、鹿児島には、地下街はありもはんが(中央駅は地下通路)、
このアーケードが、はりめぐらされているのは、ひとつの特徴というか、
『 売り 』 になるのでは!?と思いもす。

アーケード商店街 というと、全国多いとおもいます。
九州でも、福岡の新天町、熊本の上通・下通、など
中心繁華街にはアーケードがつきものでごわす。

じゃっどん!ふつう、アーケードは、ひとつの通りに屋根がかかっている
”だけ”のもの。

大都市のものも、通りが長い”だけ”の 線 のひろがり。

かごんまは、この! The天文館アーケード から、
たてよこに通じる通りに屋根がかかっちょりもす。
市電・バスの走るメインストリートの幅広歩道にも屋根が!

つ・ま・り・・・

繁華街全体が、ひとつのショッピングモールのような。。
 面 のひろがりをもっている!!
のでごわす。

雨がふろうが、桜島の灰がふろうが、安心して買い物できるのでごわす。
このことは、実は、鹿児島の特徴ちいってよか とおもいもす。

まちの中をブ~ラブラしながら、食べたりショッピングできる。。

いってみりゃあ、地上にあるんで、バリアフリーな「 地下街 」(笑)ともいえます。

うーーん、鹿児島は、交通便利な”まち”の中心に
大型ショッピングモールをすでに持っていたのであるなぁ。

こどものころから、これが当たり前ち思ってましたが、
『面』アーケードってあんまりなかですもんね。

桜島の降灰対策とはいえ、
立派な”まちづくり”の方法でありまするなぁ。

そういえば、長嶋さんは、大学の英語の授業で”The”を 
「 て !!」とお読みになったとか。
かごんまのアーケードは、「 ざ!! てんもんかん 」ち読みもす。念のため(笑)。

では、きょうは、この辺で。
by sumikazu-kago | 2005-04-23 15:35 | まちづくり